同行援護従業者養成研修視覚障がい者の自立をサポート

研修概要

「同行援護とは」視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者等につき、外出時において、当該障害者等に同行し、 移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。

コース名 同行援護従業者養成研修会一般課程
対象者

福祉有資格者対象

指定居宅介護事業者及び基準該当居宅介護事業者等に従業することを希望する方、
従業することが確定している方、または既に従業している方。

カリキュラム

新型コロナウイルス感染症の感染予防対策の観点から、
やむを得ずZOOMなどのオンライン研修にて開催する場合があります。
開催日 時間 内容
1日目 8:50~9:00 0.1H オリエンテーション
9:00~10:00 1H 一般課程:視覚障害者(児)福祉の制度とサービス
10:05~12:05 2H 一般課程:同行援護の制度と従業者の業務
13:00~15:00 2H 一般課程:障がい・疾病の理解①
15:05~17:05 1H 一般課程:情報支援と情報提供
2日目 9:00~10:00 1H 一般課程:障がい者(児)の心理①
10:05~12:05 2H 一般課程:障がい者の人権
13:00~15:00 2H 一般課程:代筆・代読の基礎知識
15:05~17:05 2H 一般課程:同行援護の基礎知識
3日目 9:00~12:00 3H 一般課程:基本技能
13:00~18:00 5H 一般課程:応用技能

受講スケジュール

現在募集を中止しております。

受講料

コース 受講料 内容
一般課程 27,500円(税込) テキスト、課題集、修了証書一式

修了証:全過程履修し、評価テストに合格された方に修了証明書を発行します

受講申込をする
ページの先頭へ戻ります