カレッジについて

学校概要・アクセス

学校名 東北福祉カレッジ
登録番号 実務者研修 04004/喀痰吸引吸引等3号 0420011
校長 中川裕章
設立 2015年10月
受講コース ●実務者研修
●実務者研修教員講習
●実地研修(医療的ケア課程)
●喀痰吸引等研修(1号・2号・3号)
●医療的ケア教員講習
●ケアマネージャー国家試験対策講座
●ケアワーカー国家試験対策講座
●日本語教師養成講座
講師数 6名
所在地 〒983-0868 仙台市宮城野区鉄砲町中3番地4プラザ和光ビル1F
アクセス 仙台駅東口から徒歩10分!アンパンマンミュージアムの隣りです。
駐車場 有り(台数に制限がありますのでお問合せ下さい。)
TEL/FAX TEL:022-256-1931  FAX:022-355-6499
E-mail
URL http://tohoku-fukushi.com
運営会社 株式会社中川
個人情報保護方針 個人情報保護方針(PDF)

カレッジ受講風景

医療的ケア教員講習の様子
医療的ケア教員講習の様子
医療的ケア教員講習の様子
医療的ケア教員講習の様子
学校はデイサービスに併設されています
学校はデイサービスに併設されています
ゆったりくつろげるスペースもあります
ゆったりくつろげるスペースもあります

ごあいさつ

東北福祉カレッジ校長 中川裕章
日本介護福祉士実務者研修養成協会
協会長 中川裕章

国内外から介護業界で活躍する方の資質向上と
社会的地位の確立を目指します

 国内において介護人材不足の現状は喫緊課題とされており、政府における2025年推計で39・9万人、宮城県においては全国ワースト1位の約1.4万人の介護人材不足が予測されております。
介護保険法の基本概念には、利用者の生活における質の向上と、自立支援に基づいた支援の展開が大変重要な位置づけとされております。介助者が介助しやすい支援ではなく利用者が残存機能を利活用し、生活の質を向上させる支援と両輪でご利用者の医療ニーズが高くなっても在宅で生活ができる支援体制の構築が今後ますます必要とされております。
介護福祉士国家試験は、制度改正に従い平成28年度より実務経験3年に加えて「介護福祉士実務者研修」の修了が必須となりました。この制度は、介護過程の展開と、医療的ケアの実習が必須化されており、医療的ケアの必要な利用者に対する人材育成に寄与されると推測されます。
当カレッジは、「介護福祉士実務者研修」を中心に、働きながら資格取得を目指す学生や、未経験から介護の技術を取得したい方へ土曜日・日曜日の通信コースを主体的に開講しております。研修費用および通学授業(スクリーニング52時間「医療的ケア講習含む」)に係る受講生の負担を勘案し、 介護福祉士を目指す方が気軽に受講できる講座体制を目指します。また、介護職員実務者研修担当教員を目指す方を対象とした「実務者研修教員講習会、医療的ケア教員講習会」や国家試験合格を目指す学生に対する「介護福祉士受験対策講座」、「ケアマネ受験対策講座」、介護予防の実践者養成として「介護運動指導員養成講座」なども随時開催をいたします。
国内外の福祉の現場における職員の質の向上と、介護技術の質の担保につがる教育指導を心がけ、日本式介護輸出体制構築ならびに介護福祉士の資質の向上に微力ながら当カレッジスタッフ一同サポートさせていただきます。

【プロフィール】
▼学歴
東京大学公共政策大学院医療政策実践ユニットHPU医療政策実践コミュニティH-PAC4・5期
東京大学公共政策大学院医療政策実践ユニットHPU地域医療計画実践コミュニティRH-PAC1・2期
東北学院大学教養学部教養学科言語科学専攻(現:言語文化学科)卒

▼役職・職歴
株式会社中川代表取締役CEO
ASEANインターンシップ推進協会 協会長
日本介護福祉士実務者研修養成協会 協会長
東北福祉カレッジ 校長
有限会社オザワ 専務取締役
株式会社藤成 首都圏本部長
エクゼクティブコート希望の華咲く1・2号館 総括施設長
保険・部分医療・福祉サービス研究会 代表
五城中学校圏域~地域でつながる会~ 代表
日本認知症予防学会エビデンス創出委員会 実行委員(認知リハビリ)
宮城県柔道整復師会介護企画推進室 委員
特定非営利活動法人 介護予防研究会 理事
特定非営利活動法人 国際福祉ネットみやぎ・21会員 理事


▼資格
日本語教師/社会福祉主事/柔道整復師/鍼灸師/福祉用具生活相談員/介護福祉士実務者研修

カレッジ戦略プランシート

カレッジ戦略プランシート
資料請求・受講申込はこちらから!
ページの先頭へ戻ります