喀痰吸引1号・2号研修

準備中です

研修概要

ストレスチェック制度について

労働者のメンタルヘルス不調の未然防止を目的に、労働安全衛生法第66条の10に規定され、
従業員50名以上の全事業場に対して、
労働者に対して健康診断(フィジカル)と同様に
メンタル面の健康診断である「ストレスチェック実施」を行うことが義務付けられました。

ストレスチェックを実施するには、医師や保健師、
また厚生労働大臣が定める研修(弊社の当研修が該当)を受けた看護師、精神保健福祉士が行います。
当研修は、看護師、精神保健福祉士の方が「ストレスチェック実施者」になる為の研修です。

ストレスチェック実施者はこれからの社会に活躍が期待される資格です!
厚生労働大臣が定める研修が6月から仙台で受講可能になります!

対象者

看護師、精神保健福祉士

※受講は保健師・産業カウンセラー・人事総務担当の方など、ご興味のある方はどなたでも可能ですが、ストレスチェック実施者になれるのは医師・保健師・看護師・精神保健福祉士のみとなります。

※平成27年11月30日現在において、労働者の健康管理業務に3年以上従事した経験のある看護師、精神保健福祉士については、研修の受講が免除されます。

講習内容 厚生労働省通達(平成27年5月1日 基発0501第4号)に定められた必要な事項を網羅した内容となっています。

カリキュラム

科目 範囲 時間数
労働者の健康管理
  • 労働衛生関係法令
  • 職場の労働衛生管理体制
  • 産業医等産業保健スタッフの役割と職務
  • 労働者の健康管理の基本的考え方
  • 労働者の健康方法とその評価
  • 労働者の健康情報の保護
2時間
事業場におけるメンタルヘルス対策
  • 事業場におけるメンタルヘルス対策の基本的考え方
  • 労働者のメンタルヘルス不調の予防と対応、職場復帰支援
  • 職場のストレス要因と職場環境の改善
1.5時間
事業場における労働者の健康の保持増進を図るための
労働者個人及び労働者の集団に対する支援方法
  • 職場における健康教育の知識と技法
  • 労働者との面接の知識と技法
  • 職場における労働者の集団への支援の知識と技法
1.5時間
合計 5時間
研修科目の一部免除
免除を受けることができるもの 免除科目
衛生管理免許を受けた者 労働者の健康管理

カリキュラム

開催日 研修 時間 定員
仙台
2017年7月9日(日)
<終了しました>
ストレスチェック実施者養成研修 午前  10:00~12:00
昼休み 45分
午後  12:45~14:15
休憩  15分
午後  14:30~16:00
20名

受講料

①ストレスチェック実施者養成研修 15,000円(テキスト込・税別)
②フォローアップ研修 10,000円(税別)
①+②のセット受講 23,000円(テキスト込・税別)
資料請求・受講申込はこちらから!
ページの先頭へ戻ります