福祉用具専門相談員研修会福祉用具のプロを養成(平成29年11月~指定)

研修概要

福祉用具専門相談員は、介護保険を使って福祉用具を利用する際に、利用者やその家族の要望に応じて状況にあった福祉用具の選び方・使い方などの相談受付・用具の調整などを行う福祉用具のプロです。

福祉用具専門相談員は介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務付けられています。 他の介護保険サービスと連携しながら、高齢者の自立した生活を福祉用具でサポートします。

対象者 国籍を問わず、無資格での受講も認める。
科目の免除を希望している者は期限までに、免除該当資格の資格証明書を提出のこと。
選考に至っては書類・面接等で判断とし、当ガレッジが適切と認めたもの。
活かせる職場 福祉用具を扱う販売店やレンタル事業者・介護施設
福祉用具貸与事務所、福祉用具販売店、福祉用具メーカー、レンタル事業者
福祉施設、訪問介護事業所、ホームセンター など

宮城県(長政)指令第281号

カリキュラム

受講時間7日間(合計51時間)

1回(7時間) 8:50~9:00(10分) オリエンテーション
9:00~10:00(1時間) 福祉用具専門相談員の役割と職業倫理
10:10~12:10(2時間) リハビリテーション
13:00~15:00(2時間) 介護保険制度などの考え方と仕組み
15:10~17:10(2時間) 介護サービスにおける視点
2回(7時間) 9:00~10:00(1時間) 福祉用具専門相談員の役割と職業倫理
10:10~12:10(2時間) からだとこころの理解
13:00~17:50(内4時間) からだとこころの理解
3回(8時間) 9:00~13:40(内4時間) 介護技術
14:40~16:40(2時間) 福祉用具の特徴・活用①
16:40~18:40(2時間) 高齢者の日常生活の理解
4回(8時間) 9:00~11:00(2時間) 住環境と住宅改修
11:10~13:10(2時間) 福祉用具の特徴・活用②
14:00~16:00(2時間) 福祉用具の特徴・活用③
5回(8時間) 9:00~11:00(2時間) 福祉用具の特徴・活用③
11:10~13:10(2時間) 福祉用具の特徴・活用④
14:00~16:00(2時間) 福祉用具の特徴・活用④
16:10~18:10(2時間) 福祉用具の特徴・活用④
6回(7時間) 9:00~12:00(2時間) 福祉用具の供給の仕組み
13:00~16:40(内3時間) 福祉用具貸与計画などの意義と活用
16:40~18:40(2時間) 福祉用具貸与計画などの意義と活用
7回(6時間) 9:00~12:40(内3時間) 福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画などの作成
13:40~15:40(2時間) 福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画などの作成
15:50~16:50(1時間) 修了評価試験

開催日程

開催校 日程(土日コース) 定員
仙台本校 平成30年
5/12(土)5/13(日)5/19(土)5/20(日)5/26(土)5/27(日)6/2(土)
定員20名

開催日程(夜間コース)

●平日3~4時間(18:30スタート)×16日 ●土曜または日曜 4~5.5時間(10:00スタート)×2日

●開催校:東京校 赤羽北さくら荘 さくらルーム

受講料

¥49,990(テキスト代込・税別)

資料請求・受講申込はこちらから!
ページの先頭へ戻ります