精神科訪問看護基本療養費算定要件研修

国の通知に基づく臨時的代替方法(オンライン)で開催となります。

研修概要

「精神科訪問看護基本療養費算定要件研修」は、精神疾患を有する者に対する訪問看護に必要な知識、技術を習得するための研修です。
当研修は、精神科疾患について理解を深め、多職種との連携の必要性を学び、精神疾患を有する者の状況に応じて適切な看護サービス提供ができるよう実践能力を高めることを目的としています。

対象者 訪問看護ステーションの精神科訪問看護に従事する保健師・看護師・准看護師・作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・精神保健福祉士など

カリキュラム

▼研修時間 合計20時間

時間 法定カリキュラム 厚生労働省が示す研修項目
(令2保医発0305第4)
1日目   9:30~10:30
10:35~11:35
11:40~12:40
精神科訪問看護の実際①
〇日常生活の援助
〇利用者との信頼関係構築、対人関係の援助
(オ)利用者と信頼関係構築、対人関係の援助
(カ)日常生活の援助
13:40~14:40
14:45~15:45
15:50~17:20
精神禍訪問看護の実際②
〇症状悪化の早期発見
〇危機介入〇医療継続の支援
(ア)精神疾患を有する者に関するアセスメント
(イ)病状悪化の早期発見・危機介入
(エ)医療継続の支援
2日目   9:30~10:30
10:35~11:35
精神科リハビリテーションの概念と実際 (キ)多様種との連携
11:40~12:40
13:40~15:40
精神障がい者の理解・
精神科疾患における薬物療法
(ウ)精神科薬物療法に関する援助
(キ)多様種との連携
15:45~16:45
16:50~17:50
保険医療サービス提供システム (キ)多様種との連携
3日目   9:30~10:30
10:35~11:35
11:40~12:40
精神科訪問看護の理解とアセスメント (キ)多様種との連携
13:40~14:40
14:45~15:45
15:50~17:20
看護職のGAF評価 (ク)GAF尺度による利用者の状態の評価方法
※講義は全てオンラインでのWeb研修会となります。

スケジュール

▼東北会場 オンライン会場(ZOOM)
7月コース 7/3(日)・7/16(土)・7/17(日)
8月コース 8/7(日)・8/13(土)・8/14(日)

受講料

全国訪問看護事業協会会員 全国訪問看護事業協会非会員
参加費 22,000円(税込) 27,500円(税込)
※全国訪問看護事業協会会員であると証明できるものを申込後にメール添付で送付ください。 提出先:info@tohoku-fukushi.com
受講申込をする
ページの先頭へ戻ります